大阪の魅力

大阪府 5エリアまるわかり
各エリアの特徴と大阪で暮らす
魅力を知ろう!

伝統や文化を大切に守りつつも、暮らす人がわくわくするような魅力的なまちへと進化を続けている大阪。ここでは43の市町村を大きく5つのエリアに分け、各々の特徴や生活環境、主要駅から大阪市内までの距離感、ランドマーク的スポットなどをご紹介しています。どの主要駅からも20分前後で大阪市内まで移動できる“交通アクセスの良さ”が大阪の”暮らしやすさ”の1つ。その他の各エリアの特徴も掴み、大阪へ移住する際の参考にしてください。

大阪市内エリア

多彩な企業が集まり、
進化し続ける都市

大阪府の行政・経済・文化の中心都市。多くの企業が集まり、大阪湾に面した沿岸北西部には阪神工業地帯が広がる。「キタ」=梅田周辺と「ミナミ」=難波周辺が主な繁華街。近年はキタの開発が進み、日本有数のショッピングエリアに。人気スポットも数多く、魅力あふれるまちになっています。

大阪市内主要駅と乗り入れ電車

  • ・梅田〈JR・市営地下鉄・阪急電車・阪神電車〉
  • ・難波〈JR・市営地下鉄・南海電車・近鉄電車・阪神電車〉
  • ・天王寺〈JR・市営地下鉄・近鉄電車〉
  • ・淀屋橋〈市営地下鉄・京阪電車〉

堺・泉州エリア

古くから栄え、
現在は関西の空の玄関口

府内では2番目のGDPを誇る堺市は、刃物などの伝統産業で発展したまち。空港に近接した「りんくうタウン」ではショッピングが楽しめるほか、高い医療技術と観光を組み合わせた「国際医療交流」の取り組みも始まっています。300年もの歴史と伝統がある「岸和田だんじり祭」も有名です。

【大阪市内主要駅までの時間】

  • ・堺東〈南海電車〉 − 難波(約12分)
  • ・泉佐野〈南海電車〉− 難波(約35分)
  • ・関西国際空港〈南海電車〉 − 難波(約44分)

北摂エリア

交通アクセスが良く、
住環境に優れたまち

全体的に閑静で暮らしやすいといわれている北摂エリア。豊中市、池田市、箕面市は古くから高級住宅街が、吹田市、茨木市は大阪万博を境に開発が進みました。最大都市の高槻市は大型マンションが増え、転勤族も多く、一方で、能勢や箕面などは自然豊かな観光地としても知られています。

【大阪市内主要駅までの時間】

  • ・高槻〈JR〉 − 大阪(約15分)
  • ・池田〈阪急電車〉 − 梅田(約20分)
  • ・千里中央〈北大阪急行電鉄(市営地下鉄)〉 − 梅田(約19分)

中・南河内エリア

モノづくりのまち&
歴史と文化のまち

東大阪市は技術力の高い中小企業が多数存在し、小さなネジから人工衛星までもがつくられる「モノづくりのまち」。南河内は農業や林業の割合が高い地域。古墳や遺跡、パワースポットが点在し、富田林寺内町の町並みは府内で唯一の重要伝統的建造物群保存地区になっています。

【大阪市内主要駅までの時間】

  • ・八尾〈JR〉 − 天王寺・阿倍野(約9分)
  • ・布施〈近鉄電車〉− 大阪難波(約10分)
  • ・藤井寺〈近鉄電車〉 − 大阪阿部野橋(約14分)

北河内エリア

大手家電メーカーの本拠地、
京阪神のベッドタウン

守口市・門真市は大手家電メーカーの本社が置かれ、下請け部品会社が集まるエリア。枚方市周辺は都心への交通の便が良いため、ベッドタウンとして発展しました。また1990年開催の「国際花と緑の博覧会」の跡地を再整備した「花博記念公園鶴見緑地」は憩いの場として親しまれています。

【大阪市内主要駅までの時間】

  • ・枚方市〈京阪電車〉 −淀屋橋(約21分)
  • ・守口市〈京阪電車〉 − 淀屋橋(約12分)
  • ・住道〈JR〉 − 大阪(約22分)
  • 企業を探す

求人情報関連