大阪の魅力的な企業

ものづくりに強い想いとこだわりを持つダイカストメーカー
旭工精株式会社
私たち旭工精株式会社は、1946年に設立したダイカストメーカーです。“ダイカスト。”おそらくほとんどの方が聞いたことのない言葉かと思います。ダイカストとは、高温で溶かした金属を金型に注いで成型品を製造する技術。当社では金型の製作から鋳造、品質管理までの一貫生産体制を構築しています。そして、当社で生産したダイカスト製品は、自動車産業を中心にオートバイや飛行機、パソコンなど幅広いフィールドで活躍しています。皆さんの身の回りにある自動車や精密機械の中にも当社のダイカスト製品が組み込まれていますよ。
高品質を越えた超品質のものづくり。
当社は高品質を越えた超品質を目標に掲げ、日々ものづくりに取り組んでいます。常に最先端の技術を追求しています。しかし、設備投資だけで業界における今日の地位を築いたのではありません。当社の技術の根幹を支えているのは、社員一人ひとりの品質に対する強い想いとこだわり。従来のダイカストは製法上、製品内部に鋳巣という穴やムラができる欠点があり、精度が求められる自動車や精密機械には、「ダイカスト製品は採用されない。」という課題がありました。その欠点や課題を解消したのが「真空ダイカスト」を代表とする当社独自の技術です。これら社員の絶え間ない試行錯誤の結果、当社のダイカスト製品は自動車や精密機械の内部パーツにも採用されるようになりました。また、品質の向上は社内だけでなく、パートナー企業と協力しながら磨き上げてきた歴史でもあります。当社が拠点を置くのはものづくりのまち東大阪です。ときに切磋琢磨するライバルとして、ときに良きパートナーとして互いに高めあえる企業に恵まれていることも当社の強みの一つです。旭工精のものづくりに予備知識はいりません。目標に向かって諦めずに取り組み続けることができる方であれば大歓迎です。
熱い想いとあったかい社風。 それが旭工精の魅力です。
私は現在、自動車メーカー様や家電メーカー様に対して営業活動に取り組んでいます。お客様とともに製品づくりに取り組むことも多く、携わった製品が新たに発売される自動車に搭載されたり、家電量販店で目にしたりするときは、「社会に貢献している!」と非常に大きなやりがいを感じることができます。とは言え、製品がすぐに採用されることはまずありません。自動車や精密機器の性能が高まるにつれ、求められる品質も高くなるからです。試行錯誤を重ねながら一歩ずつ前進していくプロセスは大変なことも多いですが、そんなときに助けとなるのが仲間の存在です。悩んでいるとき「あほか」と言いつつも助けてくれる上司、一緒に汗を流してくれる後輩。あったかいメンバーと力を合わせて壁を乗り越えたときは、心から「ここで働いて良かった!」と思います。“諦めずに挑戦する精神”“家族的な雰囲気のある社風”は、当社の一番の魅力です。
事業内容:精密ダイカスト製造・精密金型、精密切削(精密機械部品・ 一般産業機器部品の製造)、塗装・組立て
メーカー
社員数:2150名
設立:1946年4月
本社所在地:東大阪市柏田西2-17-35
グローバル展開
「きんぼし東大阪第6版(発行:東大阪市経済部モノづくり支援室)(※)」に掲載されました。
※全国的に見てもトップクラスのシェアを誇る技術・製品等を持つ企業、独自技術を持つ企業
UP