学生から見た企業

組合員の夢を実現します! 安心安全の信頼感

2018.12.28

大阪よどがわ市民生活協同組合

自社自賛

職員みんな仲良し! ほぼ全員が顔見知りやねん
同社は宅配、共済、福祉の事業ごとに営業所が分かれており、配属はさまざま。ほとんどの職員が各部署を行き来した経験があるので、配属が違っても顔見知りがたくさんいる。私のインターンシップ中にも担当の谷口さんが多くの方と挨拶を交わしているのを何度も目撃した。

働く人インタビュー

インタビューを
受けて下さったのは
この方!

顔の広さNO.1
人事部 谷口 肇様

事業内容 同社は吹田市を中心に宅配、共済、福祉の主たる事業を展開している。顧客という捉え方ではなく、「組合員」とし、同じ目線に立つことでお互いに高め合いながらより良い商品を共に作り上げている。
会社の歴史 1973年の石油ショックによる買い占めや売り惜しみによる「消費パニック」が発生し、それ以前から有害食品添加物に不安を感じていた消費者は、「消費者が力を合わせて生活と健康を守ろう」と生活協同組合を作ろうとの動きが広まりました。1977年大阪で5番目の市民生協として、よどがわ市民生協は大阪北部を活動エリアに設立されました。
事業上での強み 直接消費者の意見を取り入れ、それを基により良い商品を生み出すことができる。つまり、消費者と共に会社自体も発展していくということである。また、各地域の特色が会社にも出ており、各事業所ごとに個性がありおもしろい。
会社の将来 組合員とのコミュニケーションを深め地域のよりよきくらしのために、新商品、新規サービスの一層の拡大に取り組んでいる。現在職員全体の年齢が比較的高くなっており、若い人材の雇用を図り、活力のある協同組合として将来につなげていく。

社員さんが語る会社の魅力

営業 加藤様 入社2年目
週休二日制が固定であり、一日に達成する営業目標といったものは設けられているが、ノルマはありません。組合員さんに、生協のサービスが使い勝手が良いなどと褒められることがすごく嬉しく、やりがいに繋がっています。

インタビューを通して感じた会社の魅力

職場の雰囲気
毎朝みんなで体操をします。一日の始まりとしてとても良いスタートが切れます。職場はワンフロアで部署ごとの区切りがないため、お互いに相談しやすいです。また、職員全員が友人のような信頼関係を築いており、休日も遊びに行く仲です。組合員さんも、会社内で行われる催しに訪れるほどアットホームな雰囲気です。
取材を通じて感じたこと
インターンシップ中は、働く人たちの温かさに触れる毎日でした。また、職員さん全員の目指すものが同じであるからこそ、これほどの団結が生まれるのだなと思いました。皆さん組合員さんの生活向上のために一生懸命工夫を凝らし、一丸となって働いておられました。その心が、会社の雰囲気そのものを創り出しているのだなと気づきました。
PDFを開く
採用実績調査データ 2013 2014 2015 2016
新卒採用実績 - 2名 3名 4名
中途採用実績 2名 - - -
実績データ 2013 2014 2015
社員一人当たりの売上高 9,548万円 9,959万円 10,483万円
売上高 12億円 13億円 13億円
営業利益 21,935万円 33,461万円 24,584万円

企業情報

住所 〒564-0015 大阪府吹田市幸町4ー1
電話 06-6381-0329
ホームページ www.yodogawa.coop
設立 1977年2月
資本金 33億7,601円(出資金)
正社員数 128人
主要顧客 北摂(大阪府北部)エリアで10万世帯以上が加入。人と人のつながりを大切にして、地域に協力協同の輪を広げています。
  • 離職率0.7%
  • 有給消化年平均31.9%
  • モデル年収389万円
  • 初任給実績20万円
  • 平均勤続年数19.2年
  • 平均年齢43.8歳

学生企業訪問

一覧へ戻る
UP