学生から見た企業

人柄でつくる“咲顔”の器で日々の食事を楽しく演出

2017.12.08

タカギ産業株式会社

自社自賛

魅力が詰まった「箱」の中 お弁当箱に入るものとは?
弁当箱を製造している同社。その中には「顧客の成功」という願いが常に詰め込まれている。では、「タカギ産業」という箱の中にはなにが詰まっているのか?溢れんばかりの魅力が詰まったひとつのお弁当を、皆さんにこの動画でお届けする。

働く人インタビュー

インタビューを
受けて下さったのは
この方!

やる気に満ちあふれた人です
代表取締役 高木 雅之様

事業内容 主に学校や幼稚園の給食、ケータリング、福祉介護在宅配食の企業に向けて業務用の弁当箱などの食品容器の製造販売を行っている。デザインや機能性の多様な弁当箱まで幅広くニーズに対応している。器を通して顧客の商売成功をサポートし、社会に貢献している。
会社の歴史 社員2名から創業し、現在は大阪本社の他に東京支店、名古屋支店、九州営業所、仙台営業所があり、全国各地に展開している。以前から社長を筆頭に多くの社員が経営者目線の勉強のため社外研修に積極的に参加し、そこで得た知識を経営面に導入している。
事業上での強み 同社の強みは顧客に寄り添った対応力にある。カタログに載っている商品であれば1点から注文できる。さらにカタログ内の商品は一部でしかなく、デザインや保温機能などの容器も合計すると全3000種類に及ぶ。豊富な品数と社員の人間味あるサービスがそれを可能としている。
会社の将来 AI( 人工知能)による世の中の変化により、人にとって代わる仕事が増えていく中、同社だからできる新しい意味と価値を生み出したいと考え
ている。普段から社内での勉強会や社外研修で社員の人間性を高め、同社ならではの対応力を身に付けている。

社員さんが語る会社の魅力

事務入社1年目 三宅 莉穂様
面接の際に面接官の人柄がよく、ここで働きたいと思いました。事務の仕事となるとルーティンワークと思っていたのですが、営業のサポートなど幅広く対応しています。お客様と親密になれたり、お客様に対してきちんと対応できたときはやりがいを感じます。

インタビューを通して感じた会社の魅力

職場の雰囲気
同社の経営理念に「誇りと使命を持ち、たくさんの喜びを咲顔(えがお)の器で包みたい」とあります。この咲顔は「社員の人間性が笑顔を咲かせる」という意味があります。社内では「ありがとうカード」が配布され、社員同士で日頃の感謝を形にして伝え合っています。その日会ったばかりの私たちにもたくさんの「ありがとうカード」をいただき、社員のみなさんの温かさを感じました。
取材を通じて感じたこと
同社では、社員の言葉の端々から一人一人が会社に愛着を持ち、やりがいを感じて仕事をしているように感じられました。女性社員の中には、出産後も復帰して勤務する方もおり、ここで継続して働きたいと思わせるのは社員やお客様も「家族」として接する同社の考え方がそうさせているのだと思いました。
PDFを開く
採用実績調査データ 2013 2014 2015 2016
新卒採用実績 - 3名 3名 3名
中途採用実績 3名 6名 3名 -
実績データ 2013 2014 2015
社員一人当たりの売上高 651万円 625万円 662万円
売上高 28億円 30億円 31億円
営業利益 5,917万円 5,829万円 6,207万円

企業情報

事業内容 主に学校や幼稚園の給食、ケータリング、福祉介護在宅配食の企業に向けて業務用の弁当箱などの食品容器の製造販売を行っている。 デザインや機能性の多様な弁当箱まで幅広くニーズに対応している。器を通して顧客の商売成功をサポートし、社会に貢献している。
住所 大阪府堺市美原区今井390-3
電話 072-362-3281
ホームページ http://www.mc-takagi.co.jp
設立 1974年1月
資本金 1,000万円
正社員数 50人
主要顧客 全国の生活協同組合、ワタミ
  • 離職率17.0%
  • 有給消化年平均-
  • モデル年収557万円
  • 初任給実績22万円
  • 平均勤続年数7.0年
  • 平均年齢33.0歳

学生企業訪問

一覧へ戻る
UP