学生から見た企業

水泳×塾 = もうひとつの学び舎

2017.12.08

株式会社尾崎スイミングスクール

自社自賛

3人のコーチに聴く! やりがいを語ってくれたのはサトキン
ナカッパラ、サトキン、カジカジ、同社を支える三人に聴いた。水泳コーチ三人それぞれの考えの一端を聴くことができる機会はそうそうない。衝撃的な答えを含む珠玉の一人一問一答はこの60秒の中に。

働く人インタビュー

インタビューを
受けて下さったのは
この方!

笑顔とダンスが得意です。
役職・コーチ 山本 諭様

事業内容 同社は阪南市と泉佐野市の2ヵ所にスイミングスクールを構える。0歳~お年寄りの方まで、幅広い会員と日々の成長を目指している。技術的な面での泳力を付けることはもちろん、精神的な面で「諦めない気持ち」も大事なことだと教えてる。文武両道プロジェクトとして、スイミングスクールに併設して学習塾も運営している。
会社の歴史 設立した当初から変わらずに「お客様に感謝」「すべてはお客様のために」と創業者の設立当時の気持ちを忘れないようにしている。水泳を教えるだけでなく人間形成の場にすべく、学校に次ぐ「もうひとつの学び舎」として確立させる取り組みを永遠のテーマとしてチャレンジし続けている。
事業上での強み 開校当時より、ずっとこだわり続けているのがプールに使用する「水」である。保健所の認可のもと、男里川(おのさとがわ)流域の伏流水をくみ上げている。これにより塩素濃度を低く保つことができ、プール特有のニオイや眼への刺激が少なく、体への負担が少ないプールが強みである。
会社の将来 地域密着型で業績を伸ばす泉佐野校をモデルケースとして、事業拡大のためにスクールの新規開設を目指している。更なる業績アップのためにいちご狩りやクリスマス会など水泳以外のイベントも行い「顧客満足を高めるために工夫が大事です」と語る。

社員さんが語る会社の魅力

役職・チーフ 中原 亮太様
大きい会社だと新しい企画を提案したとき、大きい会社だと実現するまでに時間が掛かります。当社では、チーフ・マネージャー・部長・社長まで決裁が回りきるのに最短5分です。スピード感を持って仕事できるのが、大手と違って中小企業の魅力だと思います。

インタビューを通して感じた会社の魅力

職場の雰囲気
会員が来店した際には、「おはようございます」や「こんにちは」と全員が明るく笑顔であいさつをしています。また、一人一人が会員のことを真剣に考えているので、良い緊張感をもって働いています。会員獲得産業であることを自覚し、運営企業で勤務する社員として何をするべきなのかということを常に考えるように心がけていました。
取材を通じて感じたこと
とにかく子どもの立場になって物ごとを考える、上下関係を作らすフレンドリーな関係を、目指しているのが取材を通じて感じました。例えばニックネームを付けたり、アニマルキャップをかぶってキャラクター作りに励んでいました。そして子どもたちに、目標を達成した喜びを味わってもらうために、日々スタッフは努力をしていました。
PDFを開く
採用実績調査データ 2013 2014 2015 2016
新卒採用実績 - 4名 2名 2名
中途採用実績 2名 1名 1名 -
実績データ 2013 2014 2015
社員一人当たりの売上高 464万円 537万円 588万円
売上高 2億円 2億円 3億円
営業利益 400万円 300万円 600万円

企業情報

事業内容 同社は阪南市と泉佐野市の2ヵ所にスイミングスクールを構える。0歳~お年寄りの方まで、幅広い会員と日々の成長を目指している。技術的な面での泳力を付けることはもちろん、精神的な面で「諦めない気持ち」も大事なことだと教えてる。文武両道プロジェクトとして、スイミングスクー ルに併設して学習塾も運営している。
住所 大阪府阪南市尾崎町5-31-18
電話 072-471-1188
ホームページ http://www.ozaki-swimming.com/
設立 1980年11月
資本金 3,000万円
正社員数 50人
  • 離職率1.3%
  • 有給消化年平均-
  • モデル年収340万円
  • 初任給実績17万円
  • 平均勤続年数8年
  • 平均年齢29歳

学生企業訪問

一覧へ戻る
UP